済美高等学校 食物科学コース


【半世紀を超える伝統の味】

 ~済美高等学校 食物科学コース~


 
「済美クッキー」を知っていますか? 済美高等学校で半世紀以上も受け継がれてきた、伝統のクッキー。これまで、文化祭の中で販売され、毎回行列ができるという人気のクッキーです。このクッキーが、学校を飛び出して、お城下マルシェにやって来ます! 

 香ばしい香りが漂う調理室で、食物科学コースの学生さんが、生地を伸ばしたり、型を抜いたりと、動いています。各班のチームワークによって、あれよあれよと焼きあがったクッキーが積み重なっていきました。つやつやした焼き上がりを、おひとつ、ぱくり。サクッとして、バターの深い味わいが口に広がり、どこか懐かしさを感じさせてくれる味。そして、つぶつぶを噛みしめる食感がクセになりそうです。


 こだわりを聞くと、「生地の中に砕いたアーモンドを入れたり、焼く前に溶き卵を塗るなど、ひと手間かけているところでしょうか」と2年生の清家優花さんが教えてくれました。このレシピは開発当時から変わっておらず、おうちでも食べたいという声に応えて、公開もしているそうです。

 クッキーを学外で販売した経験はなく、お城下マルシェは、済美高生の新たなチャレンジと言えます。「自分も食べて美味しいものを、みんなも美味しいと思ってくれると嬉しい。このクッキーで済美を知って欲しい」と、清家さんがまっすぐな目で語ってくれました。そして、マルシェを経験することで、「新しい発想が生まれるかもしれない」と期待を寄せてくれました。

 当日は、赤いエプロンが目印です。クッキーをきっかけに、ぜひお話してみてください。
 

コメント